Hyper Scape(ハイパースケープ)のオープンベータがスタート!

皆さんこんにちわ

2020年7月3日にUbiSOFTからバトルロワイヤルゲーム「HYPER SCAPE」の情報が公開され、7月13日からは、全世界を対象に「オープンベータテスト」がスタート。

今回はそんな「HYPER SCAPE」についてご紹介!

Hyper Scape(ハイパースケープ)とは?

未来都市「ネオ・アルカディア」という2054年の仮想世界が舞台の、サイバーパンクバトルロワイヤルゲームです。

プレイヤー達はゲーム開始時、武器やハック(スキル)を持たない状態でスタート!

都市に散らばる、武器やハックを集め、頂点を目指します。

特徴

  • 武器やハックが合成でき、その合成回数により性能などがアップグレード可能。
  • 死んでしまってもMAPを自由に動き回れ、役割がある事。蘇生も有り。

特筆する点

  • ライブストリーミングプラットホーム「Twitch」のTwitch拡張連携「Crowncast」で、視聴者のリアルタイム投票により、ゲーム内に影響を与えられるという点です。

さらに今後も新な機能を追加予定で、「スクワッド招待機能」「視聴者用のバトルパス経験値」などストリーマーにも視聴者にも有益な機能が追加されていくようです。

7月13日よりオープンベータテストが実施

日本時間の7月13日からPC版オープンベータテストが実施中!

オープンベータは日本も対象です。さぁ「ハイパースケープ」の世界へ飛び出そう!

オープンベータ開催に伴い下記アップデートがされた。

新ハック

  • ショックウェーブ「強力な衝撃波を発生させ敵を吹き飛ばす。自分に使用すれば高所に飛び乗る事も可能に」

新武器

  • ハーピー「高速サブマシンガン 近接戦闘に向いている」

30段階の無料バトルパス

  • 「ハイパースケープ」をプレイすることにより解除できる。オープンベータ以降も引き継ぎが可能に。

Crowncast 視聴によりBP獲得

  • Crowncastを有効化している、Twitchストリマーを視聴することにより、バトルパスの進行を進める事が出来る。

オープンベータの期間

  • シーズン1開始まで。シーズン1開始”詳細な日時”の発表はされていない。

PS4とXbox one

PS4とXbox oneについては、オープンベータには参加が出来ない。

しかしリリースは、公式Twitterから「今年の夏を目指す」と告知がされているので、PS4・Xbox oneユーザーは少し待ちの状態だ。

2つの追加の期間限定ゲームモード

  • ターボモードスクワッド
  • ハックランナースクワッド

期間限定で2つのゲームモードに追加される。

チーターの存在

既に「チーター(ハッカー)」は存在する様だ。

UBIの評判はそこまで良いものではないと感じた。チーター対策がどう上手く対処するかがゲームの寿命にも大きく関わってくることは間違ない。

既にリリースされている、他社のバトルロワイヤルゲームでも、「チーター」の存在が確認されており、運営側も対処を行っている様だが、中々すべてを根絶する状況には至っていない。

ゲームバランスについて

(筆者の個人的な感想の部分が大きいので、流す程度で)

まだテスト中という事もあり、バランスはまだまだ改善の余地があると感じる。

いわゆる、スポーツ・アリーナ系のFPSという印象を強く受け、状況に応じてハック(スキル)の使用や取捨選択がとても重要だ。

特に、ハックの「マイン」が壊れ性能

  • 追尾性能が高く、籠っている敵が使ってくると強いし、逃げスキルですぐ逃げられてしまう。

オススメ武器

  • 「コモド(ブラストランチャー)」が使いやすく万人向けで、室内、限られた空間で本領を発揮する。
  • レレレ撃ち(避ける動きをしつつ)「Dタップ」も有効。

スキルや立ち回りによって、色々な展開の仕方が可能になり、より立体的な戦略を取る事が可能。

Hyper Scape概要

チャンピオン(キャラクター)

現在公開されているチャンピオンは下記の画像の通り。

世界各国をモチーフにしたようなキャラが存在します。

真ん中の青いジャケットのキャラに関してはカタカナの「カ」が掛かれていますので、日本キャラクターの可能性があります。

それに大半が日本語化されていて、キャラクターボイスも「日本語」で話しています。

必要PCスペック

720P 30FPS ウルトラLOW SETTING

CPU intel Core i5 6600
GPU Intel HD520[Gen9]
RAM 6GB
VRAM 0GB for integrated GPU 2GB for Discrete GPU

1080FPS 60FPS LOW SETTING

CPU intel Corei3 3220 AMD FX-4130
GPU Nvidia GTX660 AMD Radeon HD7870
RAM 6GB
VRAM 3GB

1080P 60FPS HIGH SETTING

CPU Intel Core i7 4790 AMD Ryzen 5 1500X
GPU Nvidia GTX1060 AMD Radeon RX480
RAM 8GB
VRAM 6GB

4K 60FPS ULTRA HIGH SETTING

CPU Intel Core i9 7900x AMD Ryzen5 Pro 3600
GPU Nvidia RTX2080ti AMD Radeon RX5700 XT
RAM 16GB
VRAM 11GB

対象機種

現在公式ページで公表されているプラットホームは下記の通り

  • PC
  • PalyStation4
  • Xbox one

対応言語

既に下記の言語表記が、「オープンベータ」で利用可能です。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • アラビア語
  • ブラジル語
  • 日本語
  • 韓国語
  • メキシコ語
  • ポーランド語
  • ロシア語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語

なお音声については、英語のみ。

ルール

勝利条件

  • 最後の一人もしくは1チームになる
  • マッチ終了間際に出現する「クラウン」をキャプチャーし、一定時間「キープ」

敵をすべて倒さず優勝することも可能です!

マッチルール

  • クラウンラッシュ スクワッド:3人1チームのスクワッド×33チームで争うバトルロワイヤル
  • クラウンラッシュ ソロ:ソロ100名のプレイヤーで争うバトルロワイヤル

またテスト期間中には、期間限定モードも登場します。

降下

卵型のポッドの様な機械で降下します。地表に近づくとポッドは消滅します。

なんかオタマジャクシみたいでかわいいです。

武器

  • 2つの武器を所持可能
  • 4段階目までアップグレード可能
  • 9種類の武器

・ライアット・ワン(大口径ピストル)

・D-タップ(自動照準(追尾)ピストル

・マンモスMK1(ポンプ連射式ショットガン)

・リッパー(全自動アサルトライフル)

・へックスファイヤ(自動ガトリングガン)

・コモド(プラズマ・ブラストランチャー)

・サルボEPL(ボムランチャー)

・スカイブレーカー(単発エネルギー砲)

・プロトコルV(単発スナイパーライフル)

・ハーピー(高速サブマシンガン)

情報収集中

 

ハック(スキル・特殊能力)

  • 2つのハックを所持可能
  • 4段回目までアップグレード可能
  • 9種類のハックスキル

・テレポート

素早い移動を可能にする「テレポート」。離れた場所に照準を合わせて使用すれば、一瞬でそこに移動する。

  • Lv0:クールタイム12秒
  • Lv1:クールタイムダウン11秒
  • Lv2:クールタイムダウン10秒
  • Lv3:クールタイムダウン9秒
  • Lv4:クールタイムダウン7秒

・スラム

空高く跳び上がり、着地時に地面を激しく叩きつける。周囲の敵を吹っ飛ばしてダメージを与える。

  • Lv0:クールタイム10秒
  • Lv1:クールタイムダウン9秒
  • Lv2:クールタイムダウン8秒
  • Lv3:クールタイムダウン7秒
  • Lv4:クールタイムダウン5秒&衝撃ダメージUP

・ヒール

仲間との距離を保とう。このハックで周囲にいる味方のHPを回復して交戦に備えろ。

  • Lv0:クールタイム10秒
  • Lv1:クルータイムダウン9秒
  • Lv2:クールタイムダウン8秒
  • Lv3:クールタイムダウン7秒
  • Lv4:クールタイムダウン5秒&ヒーリング量UP

・ウォール

物陰が近くにない時に便利な「ウォール」。使用すると頑丈な巨壁が出現し、敵の攻撃を防げるように。

  • Lv0:クールタイム10秒 耐久度250
  • Lv1:クルータイムダウン9秒
  • Lv2:クールタイムダウン8秒
  • Lv3:クールタイムダウン7秒
  • Lv4:クールタイムダウン5秒

・インビジブル

一定時間、透明化が可能。奇襲や撹乱を仕掛けるのに活用できる。

  • Lv0:クールタイム12秒 透明化時間10秒
  • Lv1:クルータイムダウン11秒
  • Lv2:クールタイムダウン10秒
  • Lv3:クールタイムダウン9秒
  • Lv4:クールタイムダウン7秒

・マイン

感知式の地雷。敵チャレンジャーが近づくと、大爆発を引き起こす。

  • Lv0:クールタイム10秒 50ダメージ
  • Lv1:クルータイムダウン9秒 50ダメージ
  • Lv2:クールタイムダウン8秒 50ダメージ
  • Lv3:クールタイムダウン7秒 50ダメージ
  • Lv4:クールタイムダウン5秒 75ダメージ

・アーマー

発動すると耐久力が上昇し、受けるダメージを軽減できる。

  • Lv0:クールタイム12秒 シールド継続時間10秒
  • Lv1:クルータイムダウン11秒
  • Lv2:クールタイムダウン10秒
  • Lv3:クールタイムダウン9秒
  • Lv4:クールタイムダウン7秒

・リヴィール

バトルでは情報がものをいう。「リヴィールハック」で周囲の敵の位置を味方に教えることができる。

  • Lv0:クールタイム14秒
  • Lv1:クルータイムダウン13秒
  • Lv2:クールタイムダウン12秒
  • Lv3:クールタイムダウン11秒
  • Lv4:クールタイムダウン9秒

・ボール

跳ねまわるボールに変身する。それ以上は言うことなし!

  • Lv0:クールタイム12秒
  • Lv1:クルータイムダウン11秒
  • Lv2:クールタイムダウン10秒
  • Lv3:クールタイムダウン9秒
  • Lv4:クールタイムダウン7秒

リスポーン機能(蘇生)

死亡するとそのプレイヤーは透明化し、マップを自由に動き回ることが出来ます。

なので、敵プレイヤーの位置が丸わかり状態、ピンやボイスでの連携が重要になりますね。

そして、死亡プレイヤーは、別の倒されたプレイヤーから出現する黄色「▽」から復活することが可能。

死亡プレイヤーはスポーンポイント▼に近づき、味方に蘇生をしてもらうシステム。

パルス

安全地帯の縮小については、独特的で面白い。

建物などに、▲が浮き上がっていき、最終的には色が無くなり消滅してゆくという方式。

なにより、建物が消えて行くので、逃げ遅れると隠れる場所がなく、フリーで撃たれてしまう。

表現の目新しさを感じた。

「Twitch」のTwitch拡張連携「Crowncast」について

前述しておりますが、Twitch拡張連携「Crowncast」において、視聴者がゲーム内に影響を与えれる「イベントドラフト機能」が存在します。

Twitchへ行き、「HYPER SCAPE」を配信しているストリーマー配信画面の左上に、下記の画像が表示されていると思います。(表示されない配信者も居る)

そしてゲームイベント「イベントドラフト」が始まると、どの影響を与えるかの投票が開始され投票数によって決ります。

しかも、カーソルを合わせる事で、その影響の情報が動画と共にみる事ができます。

もう一つ特筆する点は、「現時点でストリーマーがどの武器やハックをもっているか、ランキング順位など確認できる」機能があります。

イベントドラフトの効果一覧

無限AMMO

グラビティ

サプライクレート

クールダウン加速

リヴィール

回復キット

ダブルジャンプ

Twitch拡張連携を利用したこのシステムは、素晴らしいとしか言いようがありません。筆者自身もこの機能を利用していて興奮してしまいました。

なにより使いやすい、分かりやすい!!!

本格的リリースはいつ頃なのか?

これについては公式ホームページで記載があり、

「2020年内を予定しているが、正式な時期については、テスト・ユーザー意見などを考慮し決定する、作品としてユーザーが期待するレベルに達するまで完全版のリリースは行わない」とのことです。

調べてみたところ、”今夏”と表記されているメディアもありましたので、随時情報をチェックしていこうと思います。

DISCORDにてユーザーの意見も募集していますし、UBISOFTの力の入れようが伺えます。

2020年7月9日追記

2020年7月8日の公式ツイートより、「次回のテストの際は、さらに多くの地域が含まれる」と囁かれており、「日本」がテスト対象になる事に期待。

あわせて、日本時間7月13日4時に開催される「Ubisoft Forward」において、「Hyper Escape」についてなんらかの情報が発表されることが分かった。

気になる人は13日4時から行われるライブ配信を視聴しよう。

またこの「Ubisoft Forward」については、視聴特典として「Watch Dog2」が無料で配られる。(Ubisofutのアカウントでログインする必要がある。)

それ以外にも、クイズなどの催しも行われるようだ。

2020年7月13日追記

7月13日に全世界向けに「オープンベータ」が開始されました!

この日本ユーザーでも待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

また、本オープンベータテストのデータなどは、本正式に引き継がれるとのことです。

まとめ

さぁついに新しいバトルロワイヤルゲームが発表されました!

そして2020年7月13日からは全世界向けにオープンベータテストが開始!

それにどこかサイバーパンク感が感じられ、街中には日本語表記の看板などがあります。

PUBG、APEX LEGENDS、CODWZと続きそして「Hyper Scape」が参戦!

これからもバトルロワイヤルゲームが賑わって行くのを感じますし、このゲームも流行るのかなぁと思います。

それにTwitch拡張機能を使った「イベントドラフト」が面白い!Twitchの呼び水になる可能性がありますね。

最後にこのゲームを見て思ったのは、懐かしの「Quake(クエイク)」に似ているなと思いました。弾が当たった時の音とかスピード感が。

ハック(スキル)により高低差を利用した3D?4D?的なスピード感のあるFPSバトルロワイヤルが楽しめると思います!

▽オススメの記事はこちら▽

さぁ!Twitchでライブ配信を見よう!

Twitchにもいるぞ!バーチャルストリーマー!

Twitch DeToNator(デトネーター)特集